クライオセラピー

 
 
 
 
 

【クライオセラピー】
 
最近は「冷凍美容」「冷凍痩身」などの言葉がダイエット効果などに期待され、様々なメディアにも登場しています。冷凍痩身などで取り上げられているものは−180℃などの冷気を用いるものですが、クライオセラピーも原理としては近く、人間の身体の仕組みを利用して、新陳代謝を活性化する施術です。
 
クライオセラピーとは、−30℃の冷気を身体に当てる施術です。 −30℃の冷気を身体に当てることで、体は「体温が下がってはマズイ!」と思い、冷えてきた部分の体温を保つため、冷気の当たっている部分に血液を集めて体温を保とうとする反応が起こります。
 
この反応を利用することで、患部の血液循環を良くして新陳代謝を活性化します。
鎮痛効果、炎症を抑える効果もあります。
 
素手で雪を触ったり、真冬に冷たい水を触った後、手のひらが赤くジーンとなりますよね?それと同じ反応です。当院では捻挫などのケガに使うのはもちろんですが、美容鍼と組み合わせることで、よりお肌の状態を良くするためにも使用します。
 

【クライオセラピー】
 
最近は「冷凍美容」「冷凍痩身」などの言葉がダイエット効果などに期待され、様々なメディアにも登場しています。冷凍痩身などで取り上げられているものは−180℃などの冷気を用いるものですが、クライオセラピーも原理としては近く、人間の身体の仕組みを利用して、新陳代謝を活性化する施術です。
 
クライオセラピーとは、−30℃の冷気を身体に当てる施術です。 −30℃の冷気を身体に当てることで、体は「体温が下がってはマズイ!」と思い、冷えてきた部分の体温を保つため、冷気の当たっている部分に血液を集めて体温を保とうとする反応が起こります。
 
この反応を利用することで、患部の血液循環を良くして新陳代謝を活性化します。
鎮痛効果、炎症を抑える効果もあります。
 
素手で雪を触ったり、真冬に冷たい水を触った後、手のひらが赤くジーンとなりますよね?それと同じ反応です。当院では捻挫などのケガに使うのはもちろんですが、美容鍼と組み合わせることで、よりお肌の状態を良くするためにも使用します。