鍼をした時に起こる体の反応

 
 
 
 
 

【鍼をした時に起こる体の反応】
 
体に鍼をすることによって、皮膚や筋肉などの組織に微細な傷がつきます。
その傷を治そうと細胞が活性化、血液循環などが良くなります。
また中枢神経系統に働き、痛みを抑制するホルモンの放出を促します。
 
その結果、鍼をすることによって「自然治癒力を高める」「筋肉の緊張をとる」「血液やリンパ液の循環を良くする」「鎮痛効果」などの効果があります。

【鍼をした時に起こる体の反応】
体に鍼をすることによって、皮膚や筋肉などの組織に微細な傷がつきます。その傷を治そうと細胞が活性化、血液循環などが良くなります。また中枢神経系統に働き、痛みを抑制するホルモンの放出を促します。
 
その結果、鍼をすることによって「自然治癒力を高める」「筋肉の緊張をとる」「血液やリンパ液の循環を良くする」「鎮痛効果」などの効果があります。
 


友だち追加
 
 
友だち追加